Tout va bien
Tout va bienはフランス語で万事快調! 私をハッピーな気分にさせてくれる物の紹介plus日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mr.&Mrs.スミス
2006年01月04日 (水) 21:54 | 編集
 1月4日、2006年最初に観た映画の紹介です。実は、この文章を書いているのは1月9日なんですけどね。
 ではでは、早速映画の話に移らせていただきます。

 映画は、「Mr. & Mrs.スミス」です。前から見ようと思っていたんですよ。だけど、彼氏も面白そうだと言っていたため、一緒に観に行こうということになり、彼が沖縄に帰ってくる年末まで待とうという事になったのです。

 いやぁ、待ったかいがありました。面白かったです!時間が過ぎるのが物凄く早かった。
 ブラピよりも「アンジェリーナ・ジョリーがかっこいい!」と思ったのはきっと私だけではないはずです。
 ハッピーエンドだし、観終えた後もすっきり爽快。
 カップルで観るのもお薦めですね。
 例によって、詳しい内容は書かないので、興味がある方は公式サイトをご覧ください。
2005年ラスト!
2005年12月31日 (土) 23:01 | 編集
 こんばんは。2005年最後の日、皆様如何お過ごしでしょうか?私は年越しそばも食べ終わり、のんびりと過ごしております。

 今月、既に今年を振り返ったりしてますが、敢えてまた振り返らせていただきます。だって、大晦日と言えば、これですよね!

1月
 実はまだこのときは大学生です。卒論は12月に提出し終えていましたが、テストに追われたり、卒論の口述試験に怯えたりしていました。
 それに加えて、大慌てで卒業旅行の計画を立てたりしていましたね。
 学生らしい生活を送っていたのはこの月で最後ですね。

2月
 卒業旅行でハワイに行ってまいりました!!人生初のハワイは、想像よりも好きになれる場所でした。

3月
 飲み会の日々でした。三月で去る東京に別れを惜しみつつ、もう頻繁には会えなくなる友だちとの別れを惜しんでいました。
 卒業式で袴も着ましたよ。携帯なのであまり綺麗じゃないけど写真も載せちゃいます!!
hakama.jpg


4月
 沖縄に帰ってきました。
 最初の頃は寂しくて泣いてばかりいましたね。
 慣れない仕事も始まったし。でも、仕事があって良かったと思います。暇だったら余計に寂しかったはず。

5月
 GWで彼氏が遊びにきました!!!
 悲しいかな、それ以外は一人で飲んだくれる日々です。

6月
 月の頭に東京へ遊びに行きました。久々に大学の友人にも会い満喫♪
 でも、大好きだった中学からの友人が亡くなるという悲しい出来事もありました。

7月
 仲の良い友人がフランス留学(羨ましい!)の前に沖縄へ帰ってきました。二人で豪遊、飲み歩く10日間を過ごしました。3時まで飲んで出勤、なんてことが続いて体力的にも金銭的にも辛かったけど楽しかった!!

8月
 この頃から職場の人々とちゃんと打ち解けて、楽しくなってきました。一人で飲みに行くのを卒業したのもこの頃です。

9月
 夏休みをとって久々の東京へ!友人たちは相変わらずでとっても楽しかったです。
 彼氏と富士急にも行けましたしね♪

10月
 今年の中で一番素敵な出会いがありました。他の課の方なので、それまで存在すら知らなかったんだけど、駅伝大会の打ち上げで話をして意気投合!話が合うというか何と言うか、一緒にいてとても楽しい。大学の時に、仲良くしていた人々に出会って以来の素敵な出逢いですね。
 それからも親睦を深め、今ではとても仲良しです。

11月
 人生で初めて、10キロという長距離を走りました。私に、運動が向かないということが再確認されましたね。

12月
 ついに年末です。あわただしく過ぎていきました。
 そして今、1年を振り返っているわけです。

 今年は本当、色々なことがあったなぁ、というのが感想ですね。
 とっても素敵な1年だったので、来年も今年以上に素敵な年にしたいと思います。
 そして、年明けからはブログの更新をマメにするように頑張りたいと思います!!
THE BLUES BROTHERS
2005年12月26日 (月) 23:57 | 編集
 こんばんは。本当にご無沙汰しております。年末って忙しいですね!…っていうのはただの言い訳で、ちょっとバタバタしているのを言い訳にしていたところ、PCの電源を入れる、という習慣がなくなっていました。
 年内はきっとこのままでしょう…。すいません。

 さて、今日は只今のBGMを紹介します。

20051226234923.jpg

ザ・ブルース・ブラザーズ サントラ盤/SOUND TRACK

 これ、映画も大好きなんですよね。
 結構思い入れのある映画です。

 この作品の続編、ブルース・ブラザーズ2000が公開されたのは確か98年ごろのことだったと思います。
 当時、私は中学3年生でしたね。
 好きな男の子と観に行くはずだったのに、観に行けなかったんです。
 その男の子とは付き合いたてで、一緒に行こうって誘われて舞い上がっていたのですが、彼が熱を出してしまったんです。
 その後、彼のことが大好きだったにも関わらず何かと素直になれずに、結局うまくいかなかったんですけどね。
 若かったんです。

 という訳で、初恋の甘酸っぱい思い出に浸りながら、割とファンキーな感じの音楽を聴いております。

『春の雪』
2005年12月19日 (月) 00:29 | 編集
 こんばんは。ご無沙汰しています。今日は1日ゆっくりと本を読んで過ごしました。
 今日読み終えた本を紹介します。

harunoyuki

三島由紀夫『春の雪』新潮文庫、1977年

 維新の功臣を祖父にもつ侯爵家の若き嫡子松枝清顕と、伯爵家の美貌の令嬢綾倉聡子のついに結ばれることのない恋。衿り高い青年が、<禁じられた恋>に生命を賭して求めたものはなんであったか?――大正初期の貴族社会を舞台に、破滅へと運命づけられた悲劇的な愛を優雅絢爛たる筆に描く。現世の営為を越えた混沌に誘われて展開する夢と転生の壮麗な物語『豊饒の海』第一巻。

 先日映画を観てきて、それから読み始めた『春の雪』、ついに読み終えました。
 忘れていた部分、映画では触れられなかった挿話、映画では少し変化していた部分など発見が色々あって面白かったです。

 読んで、やっぱり思ったんですけど清顕は妻夫木じゃないような…。私はもっと色が白くてきれいな男の子を想像してしまいます。
 でもまぁ、良いんですけど、ね。

 三島由紀夫の文章が苦手な人は読みにくいかもしれませんが、貴族の社会を描いた作品には合ってるなぁと私は思いました。
 やっぱり、こう、切なくなりましたね。
 この作品は清顕の視点から描かれているので、聡子が何を思っていたのか、それは分かりません。でも、私は清顕に感情移入して、うるうるしながら読んでました。

 お夕飯の前に読み終えたので、お夕飯が済んでから急いで車を走らせ、第二巻を買ってきました。
 井坂幸太郎の本も買っちゃったので、どっちから読むか分からないけれど、「豊饒の海」は全部読み返そうと思っています。
(きっと、来週は井坂幸太郎を読んで、お休みに入ってから続きを読むんでしょう)
ダ・ヴィンチ
2005年12月13日 (火) 00:45 | 編集
 今日、久々に古本屋ではない書店に立ち寄りました。それで、少し雑誌を立ち読みしてみたのです。

 私はあまり雑誌を読まない方…だと思います。でも、表紙を眺めて廻るのは好きなんです。
 今日惹かれたのは「ダ・ヴィンチ」です。この時期のお楽しみ企画、BOOK OF THE YEAR 2005をやっていました!!(詳しくはWEBダ・ヴィンチでどうぞ)

 今年読まれている本は、いつになく映画化、ドラマ化されたものが多かった気がしました。ちなみに1位は『電車男』。

 活字離れが叫ばれている作今、映像をきっかけに活字の方にも興味を持ってくれるのは好い事だ、と「いち活字フェチ」として思うわけです。
 本のページをめくる愉しみ、限定されない自分の想像で映像を展開する楽しみ。
 これを機に、多くの人に味わって貰いたいと思うのです。

 ダ・ヴィンチを読んで気になる本が2、3増えました。
Powered by . / Template by tout va bien.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。