Tout va bien
Tout va bienはフランス語で万事快調! 私をハッピーな気分にさせてくれる物の紹介plus日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虹♪
2005年10月11日 (火) 23:36 | 編集
 こんばんは♪タイトルにもあるように今日は虹を見ちゃいました。
 仕事が終わる頃に雨が降っていて「いやだなぁ」って思ったのですが、私が帰る時にはちょうど止んでました。そして虹が!!
 携帯で写真を撮ったのですが、あまり綺麗に写ってません。
20051011231040.jpg

 分かりますか?真ん中の方にぼんやり写っているのですが。

 今日は、虹を見ていて連想して思い出した本を紹介します。
20051011231407.jpg

鈴木孝夫『日本語と外国語』岩波新書、1990年

 何からこの本を連想したかというと、「虹の色の数」です。
 「虹の色はいくつですか?」って訊かれたら、日本人はほとんど間違いなく「7色」と答えると思います。
 でも、実際にはあの色はグラデーションになっているから「いくつ」ってはっきりと答えが決まってるものではないんですよね。
 この本が今手元にないので、細かいことは分かりませんが、どこの国だったか「6色」と答える国があるそうです。アフリカだったかな?そこら辺の国では3色だそうです。

 では、「太陽はどんな色でしょう?」って訊かれたらどう答えますか?日本人は大抵「赤」って答えると思います。
 でも、フランスは黄色なんです。

 人間の思考って言葉でなされるので、文化が違えば言葉も変わるっていうお話です。
 確かに、外国語の勉強をしているとそういうことを感じる機会が多々ありますよね。
 辞書で逐語訳するだけでは意味が通らない。
 日本語の文章をフランス語に訳す時は日仏辞典だけじゃなくて、仏仏も使ってましたよ。それでも先生に「ここでこの言葉は使わないよ」って言われることがありました。
 何て言うか、微妙なニュアンスの違いとかがあったり。

 そんな文化の違いと言葉の違いのお話を分かりやすく説明してある本です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ピンク色...むらさき色...あお色...みどり色...黄色...オレンジ色...あか色...マリオカートのレインボーロードが大好きだったワタシです。虹、ヒサビサにみました{/face_en/}{/3hearts/}写真にすると(特に携帯)綺麗さがつたわらねぇー。うすく丸くなっているのを、車の中か
2005/10/12(水) 14:23 | PASSOSA
Powered by . / Template by tout va bien.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。