Tout va bien
Tout va bienはフランス語で万事快調! 私をハッピーな気分にさせてくれる物の紹介plus日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショートショート
2005年09月10日 (土) 23:23 | 編集
 こんばんは。今日は、今読んでいる読みかけの本を紹介します。最近ずっと音楽だったので久々の本の紹介です!

20050910230507.jpg

日本推理作家協会編『57人の見知らぬ乗客』講談社文庫、1992年

 この本は、57人の作家の57の作品で構成されています。今は33つ目の作品を読み終えたところです。

 実を言うと、私は短編集が苦手です。面白くなってきて、ちょうどのってきた頃に終わっちゃうから何だか凄く物足りないんです。
 森博嗣は大好きだけど、彼の短編集はあまり読まなかったり。
(京極夏彦の短編(私は勝手に榎木津シリーズと呼んでますが)は別。だって、1話が他の作家の1冊分ぐらいの分量がありますからね)

 でも、この本はお薦めできます。あまりにも短くって、逆にテンポ良く読めます。私は短編は苦手だけど、それより短いショートショートは平気らしいことが分かりました。
 便利ですよ。眠くなったらすぐに止めることができるし。
 
 この本のお薦めポイントがもう一つあります。
 それは、たった1冊の本で色々な作者に触れることができる、ということです。だって、57人ですよ?
 「この本面白そう」とか「この作家読んでみたい」と思っても57冊の本を読むのはなかなか大変ですよね。
 確かに、ショートショートと普通の長編小説では書き方とかだいぶ変わると思うので、ショートショートがいまいちだった作者の長編が面白かったり、その逆もあると思います。
 でも、文体とか言葉の選び方とか、そういうある種生理的な好き嫌いに関しては参考になるんじゃないかと思います。だから、これから読む本のカタログとしてお薦めです。

 私はあと24話。面白そうな作者を探しつつ楽しみます♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by tout va bien.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。