Tout va bien
Tout va bienはフランス語で万事快調! 私をハッピーな気分にさせてくれる物の紹介plus日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『あなたに似た人』
2005年08月15日 (月) 21:58 | 編集
 こんばんは。今日は本の紹介です。フランス関連じゃないお話は久しぶり!

SOMEONELIKEYOU.jpg

ロアルド・ダール『あなたに似た人』(Roald Dahl : Someone like you)田村隆一訳、ハヤカワ・ミステリ文庫、1976年

  一言で紹介してしまうと、不思議な話です。本当に、なんだか変な気分になるお話です。
 ダールの児童文学でも、奇妙な感じとか、ブラックユーモアとか沢山見られると思うのですが、それを大人向けにした感じです。
 『マチルダはちいさな大天才』とか、『チョコレート工場の秘密』よりは『ヘンリー・シュガーのわくわくする話』に近いと思います。

 短編集で、15編の物語があるのですが、前半は賭け事がモチーフです。
 この中の3つ目のお話、「南から来た男」で、ある賭けをするのですが、その賭けはタランティーノの作品中も使われています。
 どんな賭けか書いちゃったら、2つばらしたことになるので書きませんが、まぁ、タランティーノが好みそうな感じです。
 ちなみに、その映画は『フォー・ルームス』です。

 個人的には、14個目のお話、「偉大なる自動文章製造機」が面白かったです。筒井康隆の短編で、似たようなのがあったなぁ…なんて思いつつ。
 小学生の頃から好きだけど、やっぱりダールは面白い!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ロアルド・ダールはおもしろいよねー。俺もチョコレート工場の秘密を探してるんだけど中々見つかりません・・・。その本もおもしろそうだね♪
2005/08/16(火) 01:09 | URL | たかしょん #-[編集]
『チョコレート工場の秘密』の私が小学校の頃に読んだ装丁のは、amazonで凄い値段になってますよね。びっくりです。
2005/08/17(水) 15:30 | URL | しの #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by tout va bien.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。