Tout va bien
Tout va bienはフランス語で万事快調! 私をハッピーな気分にさせてくれる物の紹介plus日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アワー・ミュージック
2006年01月22日 (日) 22:30 | 編集
 こんばんは。今日は金曜日に観てきた映画の紹介です。
 本当は金曜日に紹介したかったのですが、今日が模試だったのでちょっと忙しくしていたんです。(それで最近は更新も滞っていました。)

 さて、早速映画の話です。
 その映画は、私の大好きな映画監督、ゴダールの最新作「アワー・ミュージック」です。(タイトルから公式HPへ行けます)

 ついに沖縄でも映画館でゴダールの映画が観れる時代がきました。嬉しいですね。
 以前、桜坂劇場というミニシアターを紹介しましたが、そこで上映されていました。(以前書いた記事はこちら
 沖縄は映画館の数が少ないので、新聞に映画館すべての上映作品と上映時間、目玉作品の予告等が載っているんです。
 お正月に、この映画の予告を見たときには小躍りしましたね。

 感想は、なんと言えばいいのでしょうか。
 まだ咀嚼できていません。…というより、咀嚼する気もないんですね。

 私は、この手の映画を観るときには、俯瞰的に観ています。
 ちょっと前に見た「Mr.&Mrs.スミス」や「春の雪」は登場人物に感情移入して泣いたり、一緒にハラハラドキドキしたり、幸せな気分になったりします。
 しかし、今回のような映画のときは感情移入しません。
 感覚的に一番近いのは美術館でぼんやり絵を眺めている感じかしら。もしくはクラシックのコンサートを聞いているとき。

 一緒に観に行った友人は、こういった感じの映画は初めてだと言っていました。「思考が止まる、ぼんやりする感じで不思議」と言っていたので、私と似たような見方をしているのかな、と思いました。

 私はやっぱりゴダールの映画は映像が好きだし、音楽(とその使い方)が好きです。
 この映画も、きっと考えてみたら深い意味があるんだと思います。
 でも、私はあえて考えません。いつか、ふとこの映画のワンシーンが思い出される時が来ると思うので。その時になったらやっと咀嚼できるかもしれませんね。

 余談ですが、映画の後にお好み焼きともんじゃ焼きを食べに行きました。友人も沖縄の人で、大学が関西だったためもんじゃ焼きは食べたことがないとのことで。
 色々不安でしたが、美味しく食べてくれたようで良かった。(不安①あの見た目を嫌がらないか。不安②初体験の人を相手に、上手に作ることができるか)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
にゃーは紹介する
にゃーは紹介するはずだったみたい。
そこでしのは沖縄へ使い方は予告するはずだった。
でもしので時代を意味したかもー。
本当は沖縄まで絵みたいな紹介しなかったー。
2006/08/28(月) 14:14 | URL | BlogPetのにゃー #-[編集]
映画など思い出さ
映画など思い出される時が来る
しのは、関西でクラシックとか、時代や感じかしらなどを登場しなかった?
2006/09/06(水) 12:05 | URL | BlogPetのにゃー #-[編集]
きょうしのの、模
きょうしのの、模しなかったー。
でもきょうは、俯瞰しなかったよ。
2006/09/13(水) 16:44 | URL | BlogPetのにゃー #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by tout va bien.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。