Tout va bien
Tout va bienはフランス語で万事快調! 私をハッピーな気分にさせてくれる物の紹介plus日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくらは世界一の名コンビ!
2006年01月09日 (月) 21:36 | 編集
 こんばんは。今日は、映画の紹介をしようか本の紹介をしようか迷います。
 …なんと、時間があるので両方やってしまおう!という結論に達しました!映画は観た日の日付で載せちまいます!
 年末に、こまめに更新します宣言をしたのに、イマイチできてないので、それを誤魔化そう、という考えもあります。
 というわけで、今日は先ほど読み終えた本の紹介をしますね。

ロアルド・ダール『ぼくらは世界一の名コンビ―ダニイと父さんの物語』(Roald Dahl : DANNY The Champion of the World)小野章訳、評論社、1978年

ニューヨークの出版社からひとこと

 作者のロアルド・ダールさんから、出版社に注文がありました。はじめにこの本の中身について、ひとこともいってはいけないというのです。「はじめに中身を話したら」とダールさんはいいます。「元も子もなくなってしまう」
 そんなわけで、出版社といたしましては、この本は、ある男の子と父さんのわくわくするようなキジ捕りの冒険のお話で、おもしろいですよとしかいえないのです。それから、もうひとつ、これならいってもかまわないでしょう。その男の子ダニィのことばをかりれば、その父さんは、「正真正銘、掛値なしに、この世界で一番すばらしい、たのしくてわくわくする父さん」だということです。


 これは、私の大好きなロアルド・ダールの本です。上に引用したのは、前書きのようなものです。
 今までのなかでも、紹介するのがとても難しいですね。だって、前書きにもある通り、作者が内容についてばらしちゃだめ!って言ってるんですから。

 NYの出版社の方と同じように「おもしろいですよ」とだけ言っておきます。児童書なので、決して読むのに時間がかかるわけではありません。ですから、書店なり図書館なりへ向かい、手に取ることをお薦めいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by tout va bien.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。