Tout va bien
Tout va bienはフランス語で万事快調! 私をハッピーな気分にさせてくれる物の紹介plus日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画の日
2005年12月02日 (金) 00:32 | 編集
 こんばんは。今日は映画の日でしたね♪
 私は仕事を午前中で切り上げて観て来ました(笑)以前に書いたように、「春の雪」を観て来ました。
 勿論、今日はそれについてです!

 「春の雪」の内容を簡単に紹介します。一言で言い表すなら“悲恋もの”ですね。
 妻夫木聡演じる主人公と竹内結子演じるヒロインは幼馴染で、お互いに想い合っているのに、主人公が意地を張っている間にヒロインの婚約が決まってしまう。でも、ようやく気持ちを確かめ合った二人は止められない!でもそんな関係は長くは続かない…こんな感じのストーリィです。
 詳しく知りたい方は公式HPにけっこう詳しいあらすじが載っていたので見てみてください。

 個人的には好きですよ。
 まず、悲恋物が好きだし、映像も綺麗でした。
 大正時代のお話なので、ドレスも可愛かったけど、着物も綺麗でした。
 念願の切ない涙もポロポロ流せました。百人一首の札のくだりがやばかった…。私の切なさのツボでしたね。
 あと、ちょっと変かもしれませんが、二人が逢瀬を重ねて、抱き合ってるのも切なくなりました。「あぁ、この一緒にいる時間だけでも幸せなんだろうなぁ。続けることはできないって分かってるのに、離れられないんだろうねぇ…」なんて考えて。幸せそうな表情をすればするほど切なくなりましたね。

 小説を読み直して、改めて感動させていただこうと思っています。せっかくだから、豊饒の海シリーズを全部読み直そう!なんて思っている私でした。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
以前からこのブログに書いてきましたが、今週土曜日公開のこの映画に、タイの若手人気俳優が二人出演しています。ひと足お先に試写を見てきました。付き合いもあって、2回も。春の雪公式サイト (ブログの制作日誌には2人の話も、ちょっと書いてあります。) ひとりは、
2005/12/02(金) 08:30 | 白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary
Powered by . / Template by tout va bien.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。