Tout va bien
Tout va bienはフランス語で万事快調! 私をハッピーな気分にさせてくれる物の紹介plus日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『工学部・水柿助教授の日常』
2005年11月19日 (土) 23:17 | 編集
 こんばんは。今日は森博嗣のミステリィじゃない小説を紹介します。


the_ordinary_of_dr.mizugaki.jpg

森博嗣『工学部・水柿助教授の日常』幻冬舎文庫、2004年

 水柿小次郎三十三歳。後に小説家となるが、いまはN大学工学部助教授。専門は建築学科の建築材料。よく独身と間違われるが、二歳年下のミステリィ好きの奥さんがいる。彼はいつしか自分の周囲のささやかな不思議を妻に披露するようになっていた。きょうもまた、あれが消え、これが不可解、そいつは変だ、誰か何とかしろ! と謎は謎を呼んで……。


 この本はミステリィではありません。作者曰く、「小説」だそうです。…でも、果たしてそれは本当かしら?といった感じです。
 「小説」ということにしてフィクションのふりをしたエッセイ、多分そうなのでしょう。

 ミステリィではない森博嗣の本も面白いなぁ、というのが最初の感想です。
 本当にエッセイとして書かれたものに『森博嗣のミステリィ工作室』がありますが、あれよりもこっちの方が面白い。
 変なギャグがあったり、ミステリィ的な小話がはさまっていたりで盛り沢山です。

 また、水柿君の日常生活から「森博嗣ってこんな人なのかぁ…」と勝手に想像するのも楽しいです。
 作者は、この作品はあくまでも虚構だと仰っているので、想像、ということにしましたがほとんど事実でしょう。
 巻末の解説の中で筒井康隆も「反語」だと書いているし。

 ちょっと笑ったりしつつ、のんびり読めます。 
 私は塾に行く前に夕飯を食べようと思って入ったカフェで読んでいたら、夢中になりすぎて、気づいたら塾に行くべき時間をとっくに過ぎていた…ということになってしまいました。
 個人的には、最近のGシリーズよりも面白いのではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
にゃーがここに妻を解説するはずだったみたい。
でもきのうは建築したいです。
また幻冬舎が工作すればよかった?
2005/11/20(日) 14:12 | URL | BlogPetのにゃー #-[編集]
↑のにゃーってこのページの右下にいる猫のことですかい?
コメントも書ける猫って素晴らしいっすね!
欲しい(>_<)
2005/11/20(日) 17:56 | URL | Ryan #-[編集]
わお
このネコ、コメントも書くんですね!
記事はたまに書いていたけど、コメントは初。
私もビックリです。
2005/11/20(日) 23:23 | URL | しの #-[編集]
スーパーキャット☆
飼い主も驚く超猫!?
何なんすかこれ?
2005/11/21(月) 11:25 | URL | Ryan #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by tout va bien.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。