Tout va bien
Tout va bienはフランス語で万事快調! 私をハッピーな気分にさせてくれる物の紹介plus日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カメリア姫
2005年07月31日 (日) 22:26 | 編集
 こんばんは。今日は久々にお散歩をしてきました。さっき、本屋さんに行きながら1時間ちょっと。お散歩は好きなのですが、日焼は嫌いです。目指せ美白!なのですが、沖縄の太陽は中々厳しくって…。だから、夜になって日が暮れてからのお散歩が好きですね。

 さてさて、今日はなんとなく久々に思い出して再読したくなった小説を紹介いたします。
20050731220545.jpg

デュマ・フィス『椿姫』(Alexandre Dumas fils : La Dame Aux Camélias)新庄嘉章訳、新潮文庫、1950年
 この本は、卒論にも使った愛着のある本なんですよ。高級娼婦と田舎出身の青年の恋物語です。

 この物語の舞台は、第二帝政期のフランスです。その頃のフランスは革命が終わって、安定した時代が訪れるかと思いきや、体制がコロコロと変わる激動の時代でした。その中でも第二帝政時代は人々の生活にも大きな変化が訪れた時代だったんですよ。
 統治者はナポレオンの甥、ナポレオン3世で、最初は厳しくて、出版とかを統制したりしたんです。だけど、後半は自由帝政って言われていて、自由な風潮だったんですよ。その、自由な感じの時が素敵です。
 万博が開催されたり、パリの都市改造がなされたり、資本主義が広まったり。デパートが出来たのもこの時代です。

 そんな華やかな時代の寵児が高級娼婦。娼婦ってつくけど、今皆さんが想像するような感じとは少し違う感じです。身体が目的で買われるわけではないんですよね。

 その辺の雰囲気と、時代の雰囲気はこの小説を読んでいただけると分かると思います。恋愛小説としても切なくてよいのですが、私は専門上どうしても風俗描写(洋服とか街、劇場などなど)や、高級娼婦のあり方に目が行ってしまいますが…。
 どの目線で読んでも面白いので、どうぞご一読を。
スポンサーサイト
『恋恋蓮歩の演習』
2005年07月30日 (土) 23:40 | 編集
 今日は本のお話です。今日紹介する本は
20050730232819.jpg

森博嗣『恋恋蓮歩の演習―A Sea of Deceits』講談社文庫、2004年
です。

 この本は、最初に紹介した本、『魔剣天翔』の続きのような感じです。でも、森博嗣の本はシリーズ物が多いので、続きじゃない本のほうが珍しいのですが。前回は、飛行機のお話だったので、空の上の密室でした。今回の舞台は船、海の上です。その辺も関連性があるのかな。
 実はこの本、ミステリなのに半分ぐらい読まないと事件がおきません。でもね、その事件の起こらない前半がとっても面白いんですよ。前半は恋愛小説のよう。1冊の本で、恋愛もミステリも堪能できて1冊で2度美味しいって感じです。

 それにしても、本や映画の紹介って難しいですね。ストーリを書いてしまうと、読む時、展開を追うドキドキ感が損なわれてしまうと思うんです。でも、ある程度のストーリを伝えないと面白さが伝わらなくなってしまうし…。うまい方法がないものか、研究してみますね。では。
お茶と読書
2005年07月28日 (木) 22:30 | 編集
 こんばんは。今日は具合が悪かったのと、読みかけの本があったので、塾をお休みしてお茶しに行きました。(そうそう、私は大学を卒業して沖縄に帰ってきて、働きつつ公務員試験の勉強をしています。そのための塾です。)

 お店は、那覇市の国際通りの一本裏にある通りの“cinnamon café”です。
20050728221054.jpg

高校生の時から気に入っていて、足を運んでいるお気に入りのお店です。まだ沖縄にカフェらしいカフェがなかった、カフェブームの走りの頃からあって、昔と全然変わりません。落ち着ける店内も、フードやドリンクのメニューも。
 高校生の頃は、何だか敷居が高くって、たまに一人でお茶をするのが物凄く贅沢なことに感じられました。今でも、ゆっくりお茶してる時間は贅沢だと思うけれど。

 私の好きなメニューをいくつか紹介しますね。あ!でも、メニューの名前ちゃんと覚えてないから曖昧な名前になります。
☆カプチーノ:実は私はコーヒーが苦手です。どっちかと言えば紅茶党。コーヒーね、嫌いじゃないんですけど、どうもあの酸味が苦手で。だから、エスプレッソみたいな苦いコーヒーにミルクを入れたのが好きです。ここのカプチーノすごく普通で美味しいんですよ。
☆ベイクド・チーズケーキ:これもなんか普通で美味しい。変な工夫がされてなくって、シンプルで美味しいです。
☆オイルサーディンと長ネギのペペロンチーノ:これはね、もう大好き!ネギ好きだし、ペペロンチーノのピリッとした辛さと、オイルサーディンの塩っ気が。自分でも作ってみようともくろんでます。
☆ウォッカトニック:私は、あんまりこういうカクテルは飲まないんです。さけさけしたお酒が好きなもので。お酒の甘味(ラムとかブランデーとかね!)は大好きだけど、甘くしたお酒はあまり好きじゃない。でも、ここのはすっきりしていて美味しいです。まだ明るいうちに贅沢な気分で飲んでます。

 こんな感じかしら。一般的にはカレーが人気みたいです。食べてる人よく見るし。

 そう、今日は読書をしていました。私にとってお茶と本がそろうことはとても幸せです。そんなこんなで、具合の悪かったのも吹き飛んで、明日は金曜、楽しめそうです♪


普通は逆!?
2005年07月27日 (水) 23:39 | 編集
 こんばんは。今日は、ちょっと気づいたことです。今まで気づかなかったことが不思議だわ…。

 普通、映画を観て、そこで流れていた音楽が気に入って、サントラを聴きますよね?でも、逆のパターンの映画があるんです。まず、サントラを聴いて、「こんなに素敵な音楽の映画だから面白いに違いない!」って思って映画を観るパターンです。
 そもそも、サントラをあまり聴かないので数は少ないのですが、このパターンの映画が二本あって、両方とも予想通り面白かったのです。

 1つ目は、結構昔に観たのですが
20050727232357.jpg

バグダッド・カフェ』です。あの、有名な曲、“Calling You”が頭から離れなくって。しかも、歌詞でストーリーが歌われているから、どんな話なのか続きが気になって観ちゃいました。ストーリーを書いちゃうと、これから観る人に悪いから、ストーリーは内緒です。でもね、私がこの映画を好きな理由は、空の色なんです。とっても青くて綺麗なんだけど、映像が全体的に黄みがかっているから、不思議な感じ。ちょうど、この歌の声みたい。澄んでいて少しだけ寂しい感じです。

 2つ目は、
20050727232414.jpg

死刑台のエレベーター』です。これは、東京にいた時によく行っていたバーのバーテンさんが好きな映画で、お店でサントラがよく流れていたんです。音楽はね、ジャズで、マイルス・デイヴィスですよ。映画は恋愛がらみのミステリーって言うのかしら?この音楽を聴いたり、映画を観ると条件反射でお酒が飲みたくなっちゃいます。パブロフの犬だ。

 こうつらつらと書いてきましたが、意外に音楽から入るって人もいるのかもしれないですね。そんな、音楽から入るのがお薦め、若しくは「この映画は音楽から入りました」ってのがあったらぜひぜひ教えてくださいね♪


フランス
2005年07月26日 (火) 23:49 | 編集
 こんばんは。今日は自己紹介をかねて、フランスの話をしますね。なんとなくこのページを見ていて気づいた人もいるかと思いますが、私はフランスが好きなんです。
 中学生の頃から、「フランス語学科かフランス文学科に行く!」って決めていて、本当にその通りにしちゃいました。中学からって長いですよね。確か中2の時。
 好きになったきっかけは、音楽と映画です。「綺麗な言葉だなぁ」と思って、それを勉強して話せるようになりたいと思ったんです。

 大学に入って、実際に勉強してからも、好きな度合いは強まるばかりでした。フランス語は確かに難しかったけど、でも嫌になることはなかったなぁ。演劇とか新しいジャンルに対する興味も湧いたし、良かったと思います。
 因みに、私の卒論のテーマは『第二帝政期の高級娼婦』です。本当に面白いテーマなんですよ!

 大学3年の時についに念願叶ってパリへ行ってきました!なんかもう、「第二の故郷だ」って思えるくらい居心地の良い国でしたよ。フランス人は冷たいってよく言うけど、全然そんなことなかったです。
 町並みが、嘘みたいでした。もう、いかにもパリって感じで。下は、ホテルから見た街です。
PICT0002.jpg

朝、あまりにも綺麗だったので撮っちゃいました。クロワッサンが美味しくって、幸せを感じました。

 フランスに対する愛についてはこれから何回もでてくると思いますが、宜しくお付き合いの程を…
大発見!!!
2005年07月25日 (月) 22:13 | 編集
 こんばんは。今日は地元、沖縄の映画館情報です。今日はだいぶテンション上がっています!だって、本当に素敵なものを見つけてしまったのです…。
 「もしかしたら、私の情報が遅いのかも!?」なんて不安もよぎりますが。まだオープンして1ヶ月もたってないし、うん。新発見で良しとしてください。

 もったいぶってないで、本題に入りましょうね。まず、下の写真をご覧ください。
20050725214725.jpg

沖縄に関わりのある皆様、どこかお分かりでしょうか?分からなかった皆様、写真をクリックしてみてください。もう少し大きくなります。さて、看板をご覧ください。見覚えがありません?
 そうです。ついこの間の4月に閉館になった“桜坂シネコン琉映”が“桜坂劇場”としてリニューアル・オープンしたんです。

 新聞では5月にもう報道されていた様子。検索してみたら記事も見つかりました。
 それが、なぜ今日になって発覚したかと言いますと、CDを探しにレコード屋さんに行ったところ、そのお店が移転していたんです。移転先が、桜坂劇場2階、となっていたので、桜坂に向かって、驚いたという訳です。

 結局、目当てのCDは見つからなかったのですが、思いがけない大発見があったので良しとします。だって、桜坂がなくなったら、ミニ・シアター系の映画は沖縄で見れなくなってしまう!って、閉館の時はだいぶショックを受けたんです。前に、ジャンゴ・ラインハルトの話の時に触れた『ベルヴィル・ランデブー』もここで観たんです。
 しかも、リニューアルして雰囲気良くなりました。喫茶店とか本屋さんとか併設されて。「私だったらこうしたい!」って彼に話した願望を誰かがしっかり叶えてくれました。

 さっそく面白そうな映画を二本見つけちゃいましたよ。公開映画などの情報は桜坂劇場のオフィシャルサイトからどうぞ。ではでは、興奮冷めやらぬしのでした☆
とっても長いマイブーム
2005年07月24日 (日) 23:40 | 編集
 こんばんは。今日は本のお話です。高校生の時に、友だちから紹介されて以来大好きなんです。京極夏彦さん。最初に見た時の感想は「何て分厚い本なんだろう」、開いてみた感想は「しかも二段組!」です。でも、本好きとして厚い本こそ挑戦しないわけにはいかないじゃないですか。
 それで、挑戦してみたら面白いんです。夢中になって長さを忘れました。ちょうどその時、私が文化人類学ブームだったので、妖怪っていうのも良かったんですね。

 最近、久々に京極夏彦の“京極堂シリーズ”を読み返そう!と思って、少しずつ読んでいます。その、京極堂シリーズの中の大好きな1冊を紹介します。

20050724232701.jpg

 京極夏彦『百器徒然袋―雨』講談社ノベルス、1999年
です。
 この作品は、変な探偵が主人公で、笑えます。しかも、短編が3つ入っているので、「京極夏彦は長いからちょっと…」と敬遠している人にもお薦めです。普通に京極夏彦好きな人も勿論面白いと思います。

 私の京極夏彦を読み返す作業は『魍魎の匣』で止まっています。だって、他にも読みたい本があるから浮気しちゃうんです…。いつになることやら…って感じですが、本当は新作が待ち遠しい!
うっとり
2005年07月23日 (土) 23:34 | 編集
 やっと給料日がきて、貧しい生活におさらばです。でも、調子に乗っちゃうと、お金はすぐになくなっちゃうから気をつけなくちゃ!…って思うんだけどなぜか毎月困ってる私です。

 給料日に、ちょっと贅沢をしようと思って石鹸を買いに行きました。横浜の赤レンガ倉庫で見つけてずっと気になっていたバスグッズのお店、LUSHです。ハーブの良い匂いがするから、使ってみたいなぁって思っていたのですが、高いんです。だって、石鹸が千円とかするんですよ!でも、良い匂いに負けて買っちゃいました。

 そうそう、意外にも沖縄にもお店があるんですよ。1年位前からあるらしいんですけど、最近知りました。それなのに今月いっぱいで閉店しちゃうそうです…。沖縄って、お風呂をシャワーで済ませる人が多いんです。アパートとかだと、バスタブがないことも多々あるそうですよ。だからバスグッズのお店にとっては厳しいかもしれませんね。

 今回私が買った石鹸は二つです。 
827_blondy180.jpg

一つは固形のシャンプーで、名前は“ブロンディー”です。固形のシャンプーって何だか不思議ですよね。でも、良い匂いだし、新鮮で楽しいです。
793_hatokato180.jpg

もう一つは普通にボディ用の石鹸。すっごい良い匂いですよー。身体を洗っている時に思わずうっとりしちゃいます。
上のシャンプーにはレモン、下の石鹸にはイチジクがそれぞれ入っています。

 さて、この石鹸を使ってお風呂に入ってこようかしら。
チョコレート工場の秘密
2005年07月21日 (木) 14:26 | 編集
 今日は最近気になっている9月に公開の映画についてです。
20050721135545.jpeg

ティム・バートンの『チョコレート工場の秘密』
です。

 写真に写っている人を見て下さい!ジョニー・デップです!彼はこのおかしな工場の工場主の役で登場します。それにしても、かっこいいのにおかしな格好が似合う人ですね。久々にティム・バートンとジョニー・デップのコンビなのでそれも楽しみですね♪

 原作はロアルド・ダールの『チョコレート工場の秘密』です。原作も面白いんです。小学生の頃、ロアルド・ダールの本が大好きでした。昔から本は好きだったけど、本格的に読書が好きになったのはロアルド・ダールにはまってからかなぁ…。今でもダールの本は時々読みますよ。大人になってからも楽しめるなんて素敵ですよね

 ちょっと映画の話に戻ります。この映画の予告とか画像とかいっぱいあるサイトを見つけたので、トラックバックって言うのを試してみることにしました。きちんとできるか不安…。そのサイトへはこちらからどうぞ。それから、とっても可愛いオフィシャルサイトも見てみて下さい。何かティム・バートンらしい!!って思って期待がふくらみました。
 ☆オフィシャルサイト☆

 公開は9月らしいのでとっても待ち遠しい☆9月の中頃には東京へ旅行する予定もあるし、あっちで見ようかなーなんて考えたりしてご機嫌です。
Django Reinhardt
2005年07月20日 (水) 10:55 | 編集
 結構前の話になるのですが、映画『ベルヴィル・ランデブー』を観ました。普通のアニメと言うよりカリカチュア的な可愛いキャラクターで、ブラックユーモアが効いていて、なかなか面白い映画でした。「こういう系統の映画は苦手かなぁ」と心配しながら誘った彼氏も、私以上に楽しんでいた様子。

 ところで、映画を観てからずっと、サントラが欲しかったんです。テーマ曲の“Belleville rendez-vous”がとてもかっこいい。映画を観ていて、台詞がほとんどない分余計に音楽が引き立っていました。しかし。何故か買わずに半年以上経過。何回も手にとってはいるのに、お金がなかったり、他に欲しいのがあったり…。

 そんな時に、昨日なんとなく見たホームページで、アニメに登場する、私の彼氏のお気に入りのキャラクターが実在の人物だと知りました。(やっとタイトルの話ができます!)それがジャンゴ・ラインハルトだったんです。

 ちょっと調べてみたところ、彼はジャズにジプシー音楽を取り入れた人で、三本指でギターを弾いたそうです。「それで映画の中では指が三本しかなかったのか!」と大納得。

 そして、早速、昨日聞いてみました。ちょうどすぐに手に入った
20050720103503.jpeg

Django Reinhardt with Stephane Grappelli Swing from Paris [ASV/Living Era]
を聴いてみました。…久々の大ヒット!曲が気に入ることは良くあるのですが、アーチストっていう大きな単位で気に入ることは滅多にないんです。だから嬉しくてたまりません。

 ちょっとジプシー音楽に興味が湧いてきた今日この頃です。

 あ!『ベルヴィル・ランデブー』の公式ホームページが可愛いくて、壁紙とかもダウンロードできたはずです。テーマ曲も流れてます。
http://www.klockworx.com/belleville/index.html
初めまして
2005年07月19日 (火) 12:00 | 編集
 このページでは、私の好きなものを日記とともにお伝えしたいと思っています。こういうのを作るのは初めてなので、うまくできるか不安ですが、研究しつつ頑張ります!
 さて、初の紹介は本です。最近の私は、空前のミステリーブームです。その火付け役になった作家が森博嗣さんです。名前は前々から知っていたものの、なかなか読む機会がなかったのです。去年の秋頃、本屋さんで平積みになっている本を偶然手にとって、ちょっと見てみると…。面白そう。その本はハードカバーでタイトルは忘れてしまいました。私はノベルスの棚に直行して一番耳に覚えがあった『すべてがFになる』を購入しました。それが私にとってはすっごく新鮮で、それ以来すっかり森博嗣さんのファンです。
 話を戻して、紹介する本ですが、ちょうど今朝読み終わった
 魔剣天翔
森博嗣『魔剣天翔』講談社ノベルス、2000年
です。飛行機(と言っても曲芸用の小型のものですが)の中で起こる密室殺人事件の話です。これは、Vシリーズという二つ目のシリーズの作品です。彼の作品はシリーズを通して出てくる登場人物が魅力的です。論理的で、美味しそうに煙草を吸います。舞台は理系だけど、文系の私にも楽しめます。
 …といった感じで良いのでしょうか?最初だし、ちょっと緊張して良く分からない感じになってしまいました。
Powered by . / Template by tout va bien.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。