Tout va bien
Tout va bienはフランス語で万事快調! 私をハッピーな気分にさせてくれる物の紹介plus日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カキゾメ、ツクリゾメ展
2006年01月14日 (土) 22:35 | 編集
 こんばんは。今日は展覧会に行ってきました。
 沖縄市のプラザハウスでやっている「カキゾメ、ツクリゾメ」展というものです。
 私の出身高校の美術の先生が出展しているので観に行ったのですが、他の作品も良かったです。

 絵もあり、立体の作品もあり、映像もありでバラエティに富んでいました。
 私の先生は、絵と素焼き(なのかな?テラコッタです)のお人形を展示していました。残念ながら、先生には会えなかったのですが、満足です。
 先生の描く絵も、お人形も先生らしいというか、温かい感じがして大好きなんです。

 作者の名前は覚えていないのですが、ガラス絵のカルタがあって、それが面白かったですよ。書いてある言葉が面白い。
 ちょっぴり笑っちゃう感じでした。

 それから、「伝書鳥」というタイトルの絵も面白かったです。
 緑の鳥が書いてあるんですけど、その鳥が60年後の自分にメッセージを運んでくれる、というものです。
 それで、鑑賞する人も参加して完成する作品になっていて、緑のペンが用意されていて、そのペンで鳥の身体に言葉を書き込むんです。
 みんな、そういう時はポジティブな言葉を書くんですね。ハッピーな言葉がたくさんでした。
 「うん、世界ってステキ」みたいに思えましたね。

 興味を持った方は。21日までなので是非足を運んでみてください。
 プラザハウスのイベントコーナのHPに情報が載っています。
 ちなみに、私の先生の名前は石垣克子先生です。

スポンサーサイト
週刊ジャンプ
2005年12月07日 (水) 00:41 | 編集
 こんばんは。
 突然ですが、私が住んでいる沖縄は、本や雑誌の発売が内地と比べて遅いんです。
 私は定期的に買っている雑誌はないので、さして気にならないのですが、唯一の例外があります。

 実は、この歳になってまだ「週刊少年ジャンプ」を読んでいるのです。
 男性だとそう珍しくないかもしれませんが、女性の仲間に巡り合ったことは正直ありません。
 しかも、立ち読みとかではなくて毎週買って読んでますからね。

 沖縄はジャンプの発売日が1日遅れて今日、火曜日なんです。(私が小学生の頃は水曜だったような気がします)

 そんなジャンプの発売日なのに遅く帰ってきた私はあせっているわけです。
 ですから、以前から「いつか書こう」と思っていたことをついに書いちゃいます。

 最近、お気に入りのサイトがあるんです。レビューサイトで、主に映画のレビューをなさっています。
 とっても面白くって、笑いをこらえるのが大変!!
 雑記も面白いですしね。
 ちょうど今日の記事でジャンプの漫画のレビューをしていたので、関連もあるし、ついに書いてしまいました。
 そのサイトはカフェオレ・ライターといいます。面白いから、ご存知の方も多いかもしれませんね。知らない方、覘いてみて下さい。私は結構ツボです。
悪女の一生
2005年11月26日 (土) 23:59 | 編集
 こんばんは。今日はTVで観たドラマのお話です。
 昨日、「最近映画とかで泣いていない」と書いたのですが、今日観たドラマで泣いてしまいましたよ。

 そのドラマは、フジテレビでやっていた「女の一代記シリーズ」の「杉村春子[悪女の一生~芝居と結婚した女優・杉村春子の生涯~]」です。


女優・杉村春子・・・日本の演劇史上 最初で最後の大女優。未だ知られざる人生が初めて浮き彫りにされる。

日本の演劇史上稀にみる公演回数を記録し、黒澤明や小津安二郎などの名監督の作品で個性的な役を名演した春子。このドラマはそんな彼女の「女優」と「女」の二つの性を浮き彫りにしていく物語。

お酒も煙草もやらず、やるのは芝居と男だけ。ひたすら恋に生き、そこで得たエネルギーを全て芝居に注ぎ込んだ人生。

和服を粋に着こなして、男に流し目を送る・・・
和服を粋にさばいて、舞台で見得を切る・・・

色気と凛々しさの混在する春子を 平成の女優・米倉涼子が演じる、カッコ良く生き抜いたひとりの女のドラマです。


 この説明文や、コマーシャルから私が想像した内容とはかなり違っていました。

 悪女とは少し違った、一生懸命な女性でした。
 「男は芸のこやしでしかない」というのですが、それは虚勢で、ちゃんと人を真剣に愛していて、その一生懸命さに私は泣きました。

 ドラマが終わってから、字幕で
「享年91歳。亡くなった時、ベッドの側の机には、次回作の台本と、口紅と白粉があった」
って出たんです。それにもまたぐっときましたね。
 最期まで女優であり、女であった彼女は素敵だと思いました。
 
 やっぱり、こういうものに泣かされるのは気持ち良いですね♪ますます映画を観に行きたくなりました。
お買い物♪
2005年11月24日 (木) 22:44 | 編集
 こんばんは。
 最近は何故かとっても眠くてなかなか更新できませんでした。ちょっと遊びに行ってた日とかもあるのですが、お家にいたのに眠くて…ってことがよくありました。

 沖縄もようやく寒くなってきました。暑いのが苦手な私としては嬉しいことです。
 ところが。大変なことに気づいてしまいました。
 去年まで冬はジーパンとニット、コートで乗り切っていたのですが、今は仕事をしているため流石にジーパンで出勤というわけにはいかないのです…。
 そう、つまりお洋服がない。

 21日が給料日だったので、昨日、お買い物に行ってまいりました。
 沖縄にあしびなーというアウトレット・モールがあるんです。まぁ、微妙なんですけどね。
 でも、お店が何件か入っているのでちゃんと探せば掘り出し物が見つかったりします。やっぱり、「安い」っていうことは大きな魅力だと思うんです!
 そう、それに私はcocueが結構好きなので、cocueがあることが嬉しい。

 収穫はスカートとニット1着づつ。スカートは今日早速着ていったのですが評判良かったです。
 黒いスカートなんですけど形がちょっと変わっていてカワイイんです。
 ふわふわと揺れる感じが気に入って買いました。
 ニットは不思議な色が気に入って買いました。それは明日着ようかと思っています。

 それにしても、今の気温でタートルのニットを着ると暑いんです。私はタートルネックが好きなので、それが着れるぐらい寒くなって欲しい。
 欲を言えばコートも着たいですね。
トリック
2005年11月13日 (日) 23:30 | 編集
 こんばんは。今日は私の大好きなドラマのお話です。

 そう、つい今見終わった「トリック」です。
 今回もなかなか面白かった!

 阿部寛さんのエッセイ、『アベちゃんの喜劇』で読んだのですが、撮影のエピソードを1つ。
 トリックのロケは、ご覧になっている方は分かるかと思いますが、山奥が多いんです。だから、泊りがけになることが多いそうです。
 阿部さんはサウナが好きで、お風呂もすごく熱いので入るとか。
 撮影が終わって、お風呂をサウナ状態にしようと熱湯を溜めていたら、あまりの湯気の量に火災警報器が反応してしまい、夜中にサイレンが鳴り始めてしまったそうです。しかし、それで起こされた仲間さんはいやな顔ひとつせずに笑っていたそうです。
 ふつう、女優さんは次の日のこと(肌の状態とかクマとか)を考えてそういうことがあると普通にご立腹だとか。
 まぁ、余談ですけどね。

 前に見たトリックで、上田教授が山田に「好き」って言っていたので、今回はその辺も少し期待していたのですが、その辺の進展はありませんでした。ちょっと残念。
 でも、今回の終わりもちょっと、また期待できる感じでしたよ。
 来年、また劇場版トリックをやるそうですので、そこに期待。

 個人的には、昔のテレビシリーズのトリックが結構好きです。
 矢部刑事の部下の金髪の彼が好きでした。いいコンビだったんだけどなぁ…と思います。
 今回は矢部刑事は存在感薄かった。(薄いなんて言ったら、矢部刑事は過剰反応しそうですね。)

 沖縄、テレ朝はちゃんと放送してるから良かった…☆ルパンのときは悔しい思いしましたからね。
Powered by . / Template by tout va bien.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。