Tout va bien
Tout va bienはフランス語で万事快調! 私をハッピーな気分にさせてくれる物の紹介plus日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グエロ/BECK
2006年01月10日 (火) 23:53 | 編集
 こんばんは。今日は音楽です。只今のBGMを紹介します。

guero.jpg

グエロ (通常盤)/BECK

内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)
アメリカのルーツ・ミュージックを土台にしつつ、ヒップホップやパンク、ファンク、さらにはメキシコ~ブラジル音楽の要素も取り込み、独自のポップ(折衷音楽)を創造する才能。90年代のBECKは、こうした情報編集能力とセンスで、全世界のポップ音楽のシーン全体に衝撃を与え、なおかつ時代を牽引した。しかし、この90年代のトップ・ランナーは、前作『シー・チェンジ』で、それまでの路線から脱し、90年代にきっぱりと別れを告げた。小賢しい引用と巧妙な編集が幅を利かせていた時代に、である。『シー・チェンジ』の中に、ニック・ドレイクやニール・ヤングの影を見出すのはたやすい。だが、ほぼギターとストリングスのみというシンプルなアレンジで、淡々と歌を紡いでいく表現は、物真似とは言わせない説得力にあふれていた。しかも音響的には、ビョークやレディオヘッドなどに通じる現代のロック。ちなみに僕は、『シー・チェンジ』を2002年のベスト・アルバムに選出した。時代と真正面から向き合い、そのうえで余計な情報を切り捨てた表現は、やはりとてつもなく強く深い、と切実に感じたからである。 そんな前作から一転、本作は、モードにたとえるなら、90年代の“BECK”のファースト・ラインを踏襲した2005年製のセカンド・ラインといった趣。『ミッドナイト・ヴァルチャーズ』以前のようにヒップホップ風の音作りとラップ風の節回しを特徴とする曲もあれば、ブラジル音楽の要素も取り込まれている。つまり素材やデザインは斬新ではないが、BECK独自のセンスが随所に感じられる。しかも大衆向けのラインであるにもかかわらず、他のブランドのものと比べると、品質ははるかに良い。ただし、不幸なことに僕らは、“BECK”ブランドの作品が高品質であることに慣れてしまっているので、こうした佳作では飽き足らない。賞賛の意も込めて、このように言っておこう。今のBECKは、プリンスに似ている、と。



 解説は、「なるほど」と思えたので少し長かったけど全文引用しました。

 このアルバム、とても心地がいいんです。「ミッドナイト・ヴァルチャーズ」のポップな感じも大好きですが、これもいい。
 時間が経った時に、良くも悪くも「このアーチストも大人になったなぁ」って思うことってありますよね。
 このアルバムに関しては良い変化、だと私は思う。
 どことなくコーネリアスを思い出しますね。

 お薦めの曲は、1、3、8、9、12、15、16曲目といったところでしょうか。
 昔のベックよりも全体的にロック色は薄れたかもしれません。
 でも、カッコいいです!

 結構長い間聴いていたのに、紹介する機会がありませんでした。好きなCDを紹介できてすっきり満足です。
 ちびちび飲んで寝ます。
スポンサーサイト
THE BLUES BROTHERS
2005年12月26日 (月) 23:57 | 編集
 こんばんは。本当にご無沙汰しております。年末って忙しいですね!…っていうのはただの言い訳で、ちょっとバタバタしているのを言い訳にしていたところ、PCの電源を入れる、という習慣がなくなっていました。
 年内はきっとこのままでしょう…。すいません。

 さて、今日は只今のBGMを紹介します。

20051226234923.jpg

ザ・ブルース・ブラザーズ サントラ盤/SOUND TRACK

 これ、映画も大好きなんですよね。
 結構思い入れのある映画です。

 この作品の続編、ブルース・ブラザーズ2000が公開されたのは確か98年ごろのことだったと思います。
 当時、私は中学3年生でしたね。
 好きな男の子と観に行くはずだったのに、観に行けなかったんです。
 その男の子とは付き合いたてで、一緒に行こうって誘われて舞い上がっていたのですが、彼が熱を出してしまったんです。
 その後、彼のことが大好きだったにも関わらず何かと素直になれずに、結局うまくいかなかったんですけどね。
 若かったんです。

 という訳で、初恋の甘酸っぱい思い出に浸りながら、割とファンキーな感じの音楽を聴いております。

修羅場
2005年12月05日 (月) 23:31 | 編集
 こんばんは。最近どうも忙しくて、更新が滞っていますね。申し訳ないです。

 さて、この歳になるとなかなか新譜というものを聴きません。(もしかして、私だけでしょうか)
 中学生の頃などはちゃんと新譜をチェックしていて、ツタヤなどで借りてきたりしたものです。
 いつの間にそういった事をしなくなったのでしょう。

 という訳で、私にとっては新譜なのですが、世間的には新譜と言えるかどうか怪しい1枚です。


syuraba.jpg

修羅場/東京事変

 この曲は、ドラマ「大奥」の主題歌だそうですね。残念ながら、ドラマも見ていないため、全く聴く機会がありませんでした。

 椎名林檎、大好きなんですよ。カラオケなどに行くとガンガン巻き舌で熱唱しちゃいます。

 曲の感想とか書くべきですよね。
 マキシシングルの構成は今までの「群青日和」「遭難」と同じで、タイトル曲、洋楽のカバー、ちょっとスローテンポの曲、って感じです。
 で、曲は雰囲気がちょっと今までにないと言ったら(椎名林檎のなかで)そんな感じです。でも、椎名林檎らしいと言えばそう。
 難しいですね。
 洋楽は、前の「この淑女ふしだらにつき」と「ダイナマイト」の方が好きですね。

 ちょっと聴いて、次にカラオケに行く機会があったら熱唱しようと思います。
音楽と車
2005年11月29日 (火) 23:27 | 編集
 こんばんは。免許を取って5年、遅れ馳せながら、最近運転が楽しいと思えるようになってきたシノです。
 今日はそんな私が運転しながら聞いていたCDを紹介します。


bossa_nova_2001.jpg

BOSSA NOVA 2001(’93年作品)/PIZZICATO FIVE


beautiful.jpg

Beautiful/Fantastic Plastic Macine

 どちらも私の大好きなアーチストです。
 結構、今の私の音楽の趣味の原点とも言えるでしょう。
 こういうアーチストも聴くようになってから、音楽の趣味の幅がだいぶ広がりました。
 そういった意味で、これらのアーチスト、プラスthee michelle gun elephantを知った中3から高1にかけては私の人生の転機だったのかもしれませんね。

 ピチカートは、お昼でも夜でも素敵です。ただ、問題なのはお家に向かっているはずなのに、ピチカートを聴くと遊びに行きたくなっちゃうことです!
 もう帰らないといけないのに、「今夜はまだまだ始まったばかり」って気分になっちゃいます。
 あと、熱唱しちゃいます。

 FPMの方は、歌うというよりは聴く感じで。いや、聞くですね。BGMとしてさらっと。
 お友だちとか同乗者がいるときには会話が楽しめる感じでこっちの方が良いかもしれません。

 そうそう、冒頭で、やっと運転の楽しさが分かったとか書きましたが、私、俗に言うペーパードライバーなんです。
 高校を卒業する頃に免許を取って、そのまま大学生活を東京で送っていたので運転する機会に恵まれなかったと言うか何と言うか。
 要はやる気がなかったんですけどね。
 ちょっと「これではまずいだろう」と思いまして最近は運転するようにしております。
 まぁまぁまともにできている(筈)ので、後はバックで駐車出来るようになったら完璧です☆…って思ってるのは本人だけで、私の運転は危なっかしいとよく言われます。
 …精進します。
Soft landing on the moon
2005年11月16日 (水) 23:56 | 編集
 今日は駆け足で失礼します。


soft_landing_on_the_moon.jpg

Soft Landing on the Moon/Pizzicato Five

 ただいまのBGMです。

 このアルバムはピチカート・ファイヴのヴォーカルが田島貴男(現オリジナル・ラブ)参加最後で野宮真貴参加最初のアルバム、「月面軟着陸」のUK版です。
 まだまだ初期で、「overdose」など、有名なアルバムとは趣がだいぶ違いますが、これはこれで面白いです。

 話は変わりますが、今、弟とビールを飲んでいます。
 私はなんだか今日、胸がもやもやして、いまいちテンションがあがらなかったんです。
 弟は恋に悩んでいるようで。
 二人でだらだらしてます。(未成年にお酒を飲ませて、飲酒幇助罪にあたるという噂はありますが)

 野宮真貴に変わってからのハッピーでキャッチーなピチカートより、お酒に合う、そんな感じです。
Powered by . / Template by tout va bien.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。