Tout va bien
Tout va bienはフランス語で万事快調! 私をハッピーな気分にさせてくれる物の紹介plus日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アワー・ミュージック
2006年01月22日 (日) 22:30 | 編集
 こんばんは。今日は金曜日に観てきた映画の紹介です。
 本当は金曜日に紹介したかったのですが、今日が模試だったのでちょっと忙しくしていたんです。(それで最近は更新も滞っていました。)

 さて、早速映画の話です。
 その映画は、私の大好きな映画監督、ゴダールの最新作「アワー・ミュージック」です。(タイトルから公式HPへ行けます)

 ついに沖縄でも映画館でゴダールの映画が観れる時代がきました。嬉しいですね。
 以前、桜坂劇場というミニシアターを紹介しましたが、そこで上映されていました。(以前書いた記事はこちら
 沖縄は映画館の数が少ないので、新聞に映画館すべての上映作品と上映時間、目玉作品の予告等が載っているんです。
 お正月に、この映画の予告を見たときには小躍りしましたね。

 感想は、なんと言えばいいのでしょうか。
 まだ咀嚼できていません。…というより、咀嚼する気もないんですね。

 私は、この手の映画を観るときには、俯瞰的に観ています。
 ちょっと前に見た「Mr.&Mrs.スミス」や「春の雪」は登場人物に感情移入して泣いたり、一緒にハラハラドキドキしたり、幸せな気分になったりします。
 しかし、今回のような映画のときは感情移入しません。
 感覚的に一番近いのは美術館でぼんやり絵を眺めている感じかしら。もしくはクラシックのコンサートを聞いているとき。

 一緒に観に行った友人は、こういった感じの映画は初めてだと言っていました。「思考が止まる、ぼんやりする感じで不思議」と言っていたので、私と似たような見方をしているのかな、と思いました。

 私はやっぱりゴダールの映画は映像が好きだし、音楽(とその使い方)が好きです。
 この映画も、きっと考えてみたら深い意味があるんだと思います。
 でも、私はあえて考えません。いつか、ふとこの映画のワンシーンが思い出される時が来ると思うので。その時になったらやっと咀嚼できるかもしれませんね。

 余談ですが、映画の後にお好み焼きともんじゃ焼きを食べに行きました。友人も沖縄の人で、大学が関西だったためもんじゃ焼きは食べたことがないとのことで。
 色々不安でしたが、美味しく食べてくれたようで良かった。(不安①あの見た目を嫌がらないか。不安②初体験の人を相手に、上手に作ることができるか)
スポンサーサイト
Mr.&Mrs.スミス
2006年01月04日 (水) 21:54 | 編集
 1月4日、2006年最初に観た映画の紹介です。実は、この文章を書いているのは1月9日なんですけどね。
 ではでは、早速映画の話に移らせていただきます。

 映画は、「Mr. & Mrs.スミス」です。前から見ようと思っていたんですよ。だけど、彼氏も面白そうだと言っていたため、一緒に観に行こうということになり、彼が沖縄に帰ってくる年末まで待とうという事になったのです。

 いやぁ、待ったかいがありました。面白かったです!時間が過ぎるのが物凄く早かった。
 ブラピよりも「アンジェリーナ・ジョリーがかっこいい!」と思ったのはきっと私だけではないはずです。
 ハッピーエンドだし、観終えた後もすっきり爽快。
 カップルで観るのもお薦めですね。
 例によって、詳しい内容は書かないので、興味がある方は公式サイトをご覧ください。
映画の日
2005年12月02日 (金) 00:32 | 編集
 こんばんは。今日は映画の日でしたね♪
 私は仕事を午前中で切り上げて観て来ました(笑)以前に書いたように、「春の雪」を観て来ました。
 勿論、今日はそれについてです!

 「春の雪」の内容を簡単に紹介します。一言で言い表すなら“悲恋もの”ですね。
 妻夫木聡演じる主人公と竹内結子演じるヒロインは幼馴染で、お互いに想い合っているのに、主人公が意地を張っている間にヒロインの婚約が決まってしまう。でも、ようやく気持ちを確かめ合った二人は止められない!でもそんな関係は長くは続かない…こんな感じのストーリィです。
 詳しく知りたい方は公式HPにけっこう詳しいあらすじが載っていたので見てみてください。

 個人的には好きですよ。
 まず、悲恋物が好きだし、映像も綺麗でした。
 大正時代のお話なので、ドレスも可愛かったけど、着物も綺麗でした。
 念願の切ない涙もポロポロ流せました。百人一首の札のくだりがやばかった…。私の切なさのツボでしたね。
 あと、ちょっと変かもしれませんが、二人が逢瀬を重ねて、抱き合ってるのも切なくなりました。「あぁ、この一緒にいる時間だけでも幸せなんだろうなぁ。続けることはできないって分かってるのに、離れられないんだろうねぇ…」なんて考えて。幸せそうな表情をすればするほど切なくなりましたね。

 小説を読み直して、改めて感動させていただこうと思っています。せっかくだから、豊饒の海シリーズを全部読み直そう!なんて思っている私でした。
 
映画の日
2005年11月25日 (金) 23:52 | 編集
 こんばんは。今日は映画のお話です。

 ご存知の方も多いかと思いますが、12月1日は映画の日です。
 どうして12月1日なのか少し疑問に思ったので調べてみたら、「社団法人映画産業団体連合会が、日本における映画産業発祥の年、明治29年(1896年)より数えて60年目にあたる昭和31年(1956年)12月1日を「映画の日」と制定した」とのことです。
 他の都道府県ではどうなのか分かりませんが、沖縄では普段の半額の値段、大人なら800円で映画を観ることができます。(東京は1000円だったような)
 そんな映画好きには嬉しい日がもうすぐやってきます♪

 そこで、12月1日に公開されている映画で面白いものはないかと最近探しています。
 今のところ、一番興味を引かれるのは「春の雪」です。(公式HPはこちら
 「春の雪」の原作は三島由紀夫の同名の小説です。「豊饒の海」シリーズの1作目です。
 原作はなかなか良いんです♪

 最近、どうも映画とかで泣いていない気がします。感動の涙、切ない涙を流したい!そう思っている私にはこの映画が良いような気がします。
 うん、泣きたいですねぇ。

 さてさて、結局私はどの映画を観るのか?もしくは観ないのか!?
 結果は来週木曜日!
ハロウィン
2005年10月31日 (月) 23:08 | 編集
 こんばんは。今日はハロウィンですね。Googleのロゴもハロウィン仕様で可愛らしいです。
halloween05.gif


 ハロウィンに因んで、大好きな映画を紹介しようと思います。


thenightmarebeforechristmas.jpg

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
ティム・バートン監督


ハロウィンタウンの「カボチャ大王」ジャックは、偶然迷いこんだクリスマスタウンの楽しい光景に、すっかり魅せられた。彼を思うサリーの心配をよそに、ジャックはハロウィン風クリスマス計画に没頭した。
棺おけ型のそりに骸骨のトナカイ、絶叫モノのプレゼント、そしてサンタクロースの誘拐と、なんとも不気味なクリスマスが始まる。『シザーハンズ』『バットマン』の鬼才、ティム・バートンが製作総指揮。そのすばらしいヴィジュアル・センスを発揮したアニメミュージカルである。
伝統的なストップモーションアニメと最新撮影技術によって、人形たちがまるで生命を与えられたかのように演技する。そして、とっても不気味なはずのキャラクターたちが愛しくてたまらなくなるという、不思議な魅力のある映画だ。


 実はクリスマスの映画だって話もありますが、その辺はご愛嬌。許してください。

 この映画との始めての出会いは中学生の頃。クリスマスに家族でお食事に行ったレストランで、音声なしでプロジェクタで上映されていました。
 その時はキャラクタがカワイイな、程度で終わったんですけど、何かの時にちゃんと観る機会があって、それ以来大ファンです。
 もともと、「ビートルジュース」とか、「アダムスファミリー」が大好きな私はこの映画を好きになる運命だったのでしょう。

 去年の冬、ディズニーランドのホーンテッドマンションがナイトメアバージョンになっているときに行きましたよ。
 素敵だったなぁ…。
 今年もやっていたはずなので、ナイトメアのファンでまだ見ていない方は是非☆

 あ!そうそう、「ティム・バートンのコープス・ブライド」という映画もありますね。観に行きたいんですけど、また逃す予感もうっすら…。
 日本語のオフィシャル・サイトは☆こちら☆です。素敵なので、のぞいてみて下さい。

 以上、今日は一日少し寒かったのでご機嫌な私でした。
Powered by . / Template by tout va bien.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。